東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡で
逮捕に強い弁護士ならATOM

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

警察に逮捕された時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で警察に逮捕されてしまって、またはご家族が逮捕されてお困りの方だと思います。警察に逮捕されてしまうなど、人生でそう何度もあることではありません。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

まず、逮捕の直後から弁護士が活動を尽くせば、逮捕されてもすく釈放されるケースも多いです。なぜなら、逮捕の制限時間は最大72時間で、その後に10日間の勾留が決定されなければ、すぐに留置場から釈放される運用になっているからです。逮捕の直後に私選の弁護士を立てれば、直ちに活動に着手し、検察官や裁判官に対して釈放の意見書を提出することができます。

また、仮に勾留が決定されてしまっても、不服申立ての弁護活動を尽くすことで、留置場から釈放されることもあります。準抗告(じゅんこうこく)という不服申立てを行い、これが認められれば、当初決定された勾留は取り消しになり、すぐに留置場から釈放される運用になっているからです。したがって、10日間の勾留が決定されたからといって諦めてはいけません。実際、アトム法律事務所で取り扱った事件でも、今まで何度も準抗告の申し立てが認められたケースがあります。

留置場から釈放されたあとは、そのまま自宅で今までどおりの暮らしをすることができます。刑事処分が決まるまでは、時々は警察や検察から呼び出されることになりますが、それも自宅から出頭すれば大丈夫です。再逮捕も通常されません。今までどおり、会社や学校に通いながら、被害者と示談交渉を進めるなど、時間的に余裕をもって事件に対処することができます。

逮捕されているケースでは、まず留置場から出ることが、今後の事件対応との関係で重要になってきます。

ご家族が逮捕されてお困りの方に対して、アトム法律事務所では無料法律相談を実施しています。また、すぐに弁護士事務所に行けない場合は、LINEで弁護士と無料相談のサービスをご利用ください。相談料は無料で、ご自宅から何度でも弁護士に相談することができます。LINEをご利用の方は、新規のアカウント登録などは不要のため、とても便利です。

人生でそう何度もない「逮捕」という緊急事態。アトムの弁護士と一緒に、無事に解決していきましょう。

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅からLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。(回答までお時間をいただくことがあります)

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

警察に逮捕された時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で警察に逮捕されてしまって、またはご家族が逮捕されてお困りの方だと思います。警察に逮捕されてしまうなど、人生でそう何度もあることではありません。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

まず、逮捕の直後から弁護士が活動を尽くせば、逮捕されてもすく釈放されるケースも多いです。なぜなら、逮捕の制限時間は最大72時間で、その後に10日間の勾留が決定されなければ、すぐに留置場から釈放される運用になっているからです。逮捕の直後に私選の弁護士を立てれば、直ちに活動に着手し、検察官や裁判官に対して釈放の意見書を提出することができます。

また、仮に勾留が決定されてしまっても、不服申立ての弁護活動を尽くすことで、留置場から釈放されることもあります。準抗告(じゅんこうこく)という不服申立てを行い、これが認められれば、当初決定された勾留は取り消しになり、すぐに留置場から釈放される運用になっているからです。したがって、10日間の勾留が決定されたからといって諦めてはいけません。実際、アトム法律事務所で取り扱った事件でも、今まで何度も準抗告の申し立てが認められたケースがあります。

留置場から釈放されたあとは、そのまま自宅で今までどおりの暮らしをすることができます。刑事処分が決まるまでは、時々は警察や検察から呼び出されることになりますが、それも自宅から出頭すれば大丈夫です。再逮捕も通常されません。今までどおり、会社や学校に通いながら、被害者と示談交渉を進めるなど、時間的に余裕をもって事件に対処することができます。

逮捕されているケースでは、まず留置場から出ることが、今後の事件対応との関係で重要になってきます。

ご家族が逮捕されてお困りの方に対して、アトム法律事務所では無料法律相談を実施しています。また、すぐに弁護士事務所に行けない場合は、LINEで弁護士と無料相談のサービスをご利用ください。相談料は無料で、ご自宅から何度でも弁護士に相談することができます。LINEをご利用の方は、新規のアカウント登録などは不要のため、とても便利です。

人生でそう何度もない「逮捕」という緊急事態。アトムの弁護士と一緒に、無事に解決していきましょう。

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅からLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所の公式サイトご紹介

刑事事件や弁護士の情報サイトご紹介

刑事事件の弁護士カタログ

刑事事件の弁護士カタログは、警察に呼び出された、家族が逮捕されたという状況で相談できる全国の弁護士を検索できるサイトで、刑事事件に関するお役立ち情報が満載です。アトム法律事務所の情報も掲載されています。

交通事故の弁護士カタログ

交通事故の弁護士カタログは、交通事故に取り組む全国の弁護士を検索できるサイトで、交通事故でお悩みの方に役立つ情報も満載です。アトム法律事務所の情報も掲載されています。

twitter-timeline

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)