東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡で
  • HOME »
  • 利用規約

利用規約

当ウェブサイト(以下「当サイト」といいます。)は、アトム法律事務所弁護士法人(以下「当法人」といいます。)が管理しております。

当サイトを利用される方は、下記の利用規約を必ずお読みください。

当サイトのコンテンツを利用された場合は、下記の各規定をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

1. 著作権等について

当サイトに掲載されている文章、画像、デザイン等の一切のコンテンツの著作権ならびに著作者人格権は、すべて当法人またはコンテンツの提供者に帰属し、著作権法上許されている場合を除き、いかなる目的であれ無断での転載、複製、送信、翻訳・翻案、改変・追加などの一切の行為を禁止致します。

2. リンクおよびアドレスの記載について

当サイトへのリンクおよびアドレスの記載は原則として自由ですが、本条の規定の遵守をお願いいたします。

なお、本条の規定はウェブサイトおよびインターネット上の媒体に限らず、新聞・雑誌・チラシ等の紙媒体、その他看板・テレビ・ラジオ等、文章、画像、映像または音声を掲載するあらゆる媒体に適用されます。

1. 下記の各号のいずれかに該当またはそのおそれのある媒体において、当サイトへのリンクおよびアドレスの記載をすることは固くお断りいたします。

  1. ⑴ 法令に違反しまたは公序良俗を害するもの
  2. ⑵ 他人のプライバシーを害し、または名誉信用を毀損するもの
  3. ⑶ 人の裸体又は性行為の描写等のアダルトコンテンツを含むもの
  4. ⑷ 犯罪その他の違法行為を誘引し、または殊更に暴力の描写を行うもの
  5. ⑸ 特定の政治活動、思想活動、宗教を広告するもの
  6. ⑹ 当法人および当法人に所属する弁護士等の関係者の誹謗中傷、信用失墜を意図する内容を含むもの
  7. ⑺ 当法人の理念にそぐわない内容を含むもの
  8. ⑻ その他当法人が当サイトへのリンクおよびアドレスの記載を不相当と判断したもの

2. 前項にかかわらず、当法人と業務提携その他何らかの関係があるように見られるおそれのある方法での当サイトへのリンクおよびアドレスの記載は固くお断りいたします。

3. 前二項に違反するリンクおよびアドレスの記載について、当法人がリンクの解除および記載の削除を求めたときは、これに応じていただくものとします。

4. 本条のリンクおよびアドレスの記載の条件は、随時変更することがあり、既にリンクを張られている方およびアドレスを記載している方にも最新の条件を遵守していただきます。

5. 当サイトから第三者へのリンクは、利用者の便宜のため提供されているものであり、当法人はこれらリンク先のサイトおよびそのコンテンツ内容の正確性等につき、何らの責任を負うものではありません。

6. 当法人は、当サイトへのリンク元および当サイトからのリンク先に対する第三者からの損害請求その他いかなる苦情、請求等について、一切責任を負うものではありません。

3. 免責などについて

1. 当法人は、当サイトのコンテンツ(第三者から提供された情報も含みます。)の正確性・妥当性等につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。

したがいまして、当法人は当サイトのコンテンツに掲載された情報の利用によって利用者等に何らかの損害が発生したとしても、かかる損害については一切の責任を負うものではありません。

2. 当サイトのコンテンツやURLは予告なしに変更または削除されることがあります。

4. 本利用規約の変更について

本利用規約は予告なしに変更されることがあります。

利用規約が変更された場合、変更後に当サイトにアクセスした時点をもって、変更後の利用規約にご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

5. 個人情報の取扱いなどについて

1. 当サイトにおける個人情報の取扱いについては、別途当法人プライバシーポリシーの定めによるものとし、当サイトの利用者はこのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を取り扱うことについてご承諾いただいたものとみなします。

2. 当法人は、利用者が当サイトの利用に関連して当法人に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当法人の裁量で利用及び公開できるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとします。

6. 準拠法及び管轄裁判所などについて

1. 本規約の有効性、解釈及び履行については、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

2. 当サイトの利用に関わる一切の紛争については、日本法を適用し、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。(回答までお時間をいただくことがあります)

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)