東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡で
  • HOME »
  • 違法ダウンロードでの逮捕

違法ダウンロードでの逮捕

2012年10月1日から著作権法が変わり、販売または有料配信されている音楽や映像の違法ダウンロードが刑罰の対象になりました。著作権者に無断で音楽や映像をアップロードすることは以前より違法で、刑罰として、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金(またはその両方)が科されていました。これまでは違法に配信した側のみ刑罰を科されていたのですが、2012年10月より違法配信をダウンロードした側も刑罰を科されることとなりました。
ここでは、違法ダウンロードの刑事罰化について解説します。

違法ダウンロードで逮捕されるか

2012年より前は、違法にアップロードされたファイルなどのコンテンツを、違法にアップロードされたものと知りながらダウンロードしても、処罰されることはなく、当然逮捕されることもありませんでした。
2012年以後は、違法にアップロードされたコンテンツを、違法にアップロードされたものと知りながらダウンロードすると、著作権法に違反する違法な行為として処罰され、前提として逮捕もされうるようになっています。
もともと、有料で提供されているコンテンツの保護としては、そのコンテンツをアップロードする行為を違法なものとして処罰する方法によっていました。そして、アップロードされたコンテンツをダウンロードする行為は、個人や家庭内など限られた範囲で私的に使用する目的である限りは、違法とはされていませんでした。
しかし、コンテンツの保護のためには、アップロード行為を取り締まるだけでは不十分だという意見が強くなりました。そして2010年、ダウンロードを禁止する規定が著作権法に設けられ、違法にアップロードされたコンテンツを私的使用目的でダウンロードする行為も違法とされました。
ただし、2010年の時点では、まだダウンロード行為について罰則はなく、「違法だが処罰されない」という状態でした。
その後、2012年に著作権法が改正され、違法なダウンロード行為について、罰則が設けられるに至りました。
こうして、現在では、私的使用の目的であっても、有料で提供されているコンテンツが違法にアップロードされている場合に、自らその事実を知りながら、自動公衆送信を受信して録音・録画をすることによってダウンロードする行為は、違法であって処罰の対象となります。当然、前提として逮捕・勾留もされることがありますし、家宅捜索・差し押さえもされうるのです。
ただし、違法なダウンロード行為は親告罪とされており、権利者からの告訴がなければ起訴できないとされています
なお、違法なダウンロード行為に対する刑の重さは、2年以下の懲役若しくは 200 万円以下の罰金、またはこれらが併科されます。

逮捕される理由

それでは、実際に違法ダウンロードで逮捕されることはあるのでしょうか。あるとすれば、どのような理由からでしょうか。
違法ダウンロードについて逮捕をすることは、実際には難しい点が多いのです。
というのは、まず、違法になるダウンロード行為とは、違法にアップロードされたコンテンツをそうと知りながら受信してデジタル方式で録音・録画するものに限られます。そのため、ただインターネット上で再生するだけの場合には録音・録画を伴わないので、違法ダウンロードに当たらないなど、違法となる範囲がもともと狭くできています
次に、逮捕をするためには、証拠が必要です。ところが、違法となるダウンロード行為をした場合であっても、録音・録画をしたデータを削除してしまえば、違法なダウンロード行為についての証拠がなくなってしまうのです
また、違法ダウンロードで逮捕するためには、ダウンロードの際に違法にアップロードされたものであることを知っていたことという故意の点についても、証拠が必要です。ところが、「違法にアップロードされたものだと知らなかった」と故意を否認してしまえば、故意に関する証拠は集めるのが難しくなるのです。故意を証明できるだけの証拠が集められるのは、よほどたくさんの回数にわたって違法ダウンロードを繰り返しており、しかもその録音・録画したデータが残っているなどの場合でしょう。しかし、このような場合はあまり多くはありません。
そうすると、違法ダウンロード行為で逮捕される場合とは、よほどたくさんの回数にわたって違法ダウンロード行為を繰り返しているといった悪質な場合であり、かつ、その録音・録画したデータが残っているときなどに限られるでしょう。

逮捕・処罰されない例

では、違法なダウンロードに当たらない例としては、どのようなケースがあるでしょうか。著作権法を所管する文化庁の発表するQ&Aによれば、次のように説明されています。
まず、違法にアップロードされている音楽や映像を、インターネット上で視たり聴いたりするだけでは、録音・録画が行われないので、違法となりません
次に、You Tubeなどのように、データをダウンロードしながら再生して視聴した場合、動画を視聴する際に録音・録画が行われることになります。しかし、これは著作権法上許される「複製」に当たるため、著作権法違反に当たらず、違法ではありません。
さらに、他人から送信されたメールに添付されたデータをダウンロードして視聴した場合には、「自動公衆送信」を受信することによる録音・録画に当たりません。そのため、違法なダウンロードではありません。
そして、個人で楽しむために画像データをコピーしたり、テキストをコピー&ペーストしたりした場合には、録音・録画が行われないため、違法なダウンロードに当たりません。違法なダウンロード行為の客体として想定されているのは、音楽や映画などです。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。(回答までお時間をいただくことがあります)

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)