東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡で
  • HOME »
  • 逮捕の要件

逮捕の要件

逮捕の要件

逮捕の要件は、共通の要件と個別の要件とがあります。共通の要件は、逮捕の必要性があることです。個別の要件は、通常逮捕・緊急逮捕・現行犯逮捕のいずれであるかによって異なります。

逮捕の意味・定義

逮捕とは、あなたが被疑者として身体を拘束され、指定の場所に引致され、その効果として比較的短期間にわたって留置されるものです。
あなたが逮捕される場合には、通常逮捕・緊急逮捕・現行犯逮捕の3種類があります。
まず、通常逮捕は、捜査機関から、あらかじめ発付された逮捕状に基づいて逮捕されるものです。
次に、緊急逮捕は、捜査機関から、一定の重さの犯罪について、急速を要し事前に逮捕状の発付を求めることができなかった場合に、逮捕を先行して行なわれるものです。この場合、逮捕状は、逮捕をした後で直ちに裁判官に発付を求められます。
この通常逮捕と緊急逮捕とは、どちらも裁判官に逮捕状の発付を求めなければならない点が特徴です。これは、逮捕による身体拘束が、身体の自由に対する大きな制約になるので、その適否を裁判官に判断させることで慎重を期することにしているのです(この考え方を令状主義といいます)。
そして、現行犯逮捕は、あなたが現行犯人だとされた場合に、誰からでも逮捕状なく逮捕されるものです。現行犯逮捕の場合、事前または事後に裁判官に逮捕状の発付を求める必要はありません。令状が不要とされるのは、現行犯の場合、あなたと犯罪との結びつきが明白で誤認逮捕のおそれがなく、かつ、その機会を逃すと今後いつあなたを捕まえられるかわからないからです。

刑事訴訟法の逮捕の要件

逮捕の要件は、通常逮捕、緊急逮捕、現行犯逮捕の3種類で共通するものと、それぞれ個別のものとがあります。
まず、共通する要件は、逮捕の必要性があることです。逮捕の必要性があるかどうかは、あなたに逃亡のおそれや証拠隠滅のおそれがあるかなどによって判断されます。
次に、個別の要件です。
通常逮捕の要件は、罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があることです。
緊急逮捕の要件は、死刑または無期もしくは長期3年以上の懲役・禁錮に当たる罪を犯したことを疑うに足りる充分な理由があること、急速を要して裁判官の逮捕状を求めることができないこと、逮捕した後で直ちに裁判官に逮捕状を求める手続きをすることです。
現行犯逮捕の要件は、現に罪を行なったこと、または現に罪を行ない終わったことです。また、現行犯に準じる場合として、犯人として追跡・呼称されている人、被害品や凶器を所持している人、身体や衣服に犯罪の顕著な痕跡がある人、誰何されて逃走しようとする人のいずれかに当たる人が、罪を行ない終わってから間がないと明らかに認められるときも、現行犯と同様に逮捕できます。

現行犯逮捕の要件

上で述べたように、現行犯逮捕の要件は、現に罪を行なったこと、または現に罪を行ない終わったことです。
また、現行犯に準じる場合として、犯人として追跡・呼称されている人、被害品や凶器を所持している人、身体や衣服に犯罪の顕著な痕跡がある人、誰何されて逃走しようとする人のいずれかに当たる人が、罪を行ない終わってから間がないと明らかに認められるときも、現行犯と同様に逮捕できます。

逮捕を英語で言うと

逮捕を英語で言うと、arrestないしcaptureです。2つのうちでは、arrestの方がより一般的に用いられています。

逮捕と検挙との違い

逮捕は、強制的な処分として、あなたが身体を拘束され、指定の場所に引致され、その効果として比較的短期間にわたって留置されるものです。逮捕されると、法定の時間内に書類送検などの措置がとられます。
これに対して、検挙は、必ずしも強制的な処分として身柄を拘束される場合に限られません。検挙の中には、逮捕まではせず、任意同行としてあなたに警察署まで来てもらい、取り調べや実況見分(引き当たり捜査や犯行再現など)に応じてもらうという場合があるのです。このように、あなたから任意に捜査に応じてもらうという形式をとる場合、その後も強制的な留置はされません。また、検察庁へ書類送検をするにしても、法定の時間内にされるとは限られなくなります。
このように、逮捕であるか、任意捜査に形式をとる検挙であるかによって、その後の処理に違いが出てくるのです。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。(回答までお時間をいただくことがあります)

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)