東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡で
  • HOME »
  • 逮捕の影響

逮捕の影響

逮捕の社会的影響として、あなたがあたかも真実の犯罪者であるかのようなイメージがついてしまい、それは簡単には消えません。そして、就職(雇用)にも打撃になるほか、家族や親族にも肩身の狭い思いをさせることになるのが通例です。

逮捕の影響

逮捕されると、法的にはその後最大23日間身柄拘束が続くという効果があります。では、社会的な側面としては、逮捕されるどのような影響があるのでしょうか?
残念ながら、日本社会はいまだに「逮捕イコール有罪」という発想が根強くあります。
そのため、社会的には、逮捕されたこと自体がマイナスの烙印(らくいん)となってしまっているのが現状です。そして、「逮捕された」という烙印が一度押されると、その後不起訴になったとしても、当初の烙印はなかなか塗り替えられないのです。
それだけに、あなたの事件が警察に発覚した場合には、まず逮捕されないことを目指す必要があります。また、仮に逮捕されたとしても、あなたが逮捕されたことが報道されないことを目指す必要があります。
刑事事件に詳しい弁護士は、このようにして、逮捕されることによってあなたの名誉が損なわれないことも目指して、弁護活動をしてゆきます

逮捕の就職(雇用)への影響

では、逮捕の影響のうち、就職(雇用)への影響はどのようなものがあるでしょうか。
逮捕されたこと自体を解雇事由としている会社は、さすがに多くはありません
ただ、逮捕された場合、事実上の影響として、職場にいづらくなったり、上司や人事部から自主退職を求められたりすることがしばしばあります。退職までは求められないにしても、それまでの部署から異動や左遷になることも少なくありません
このように、逮捕された場合には、同じ職場(部署)にとどまることは事実上難しくなるという影響があるのです。

逮捕の家族・親族への影響

では、逮捕された場合、家族や親族への影響としては、どのようなものがあるでしょうか。
まず、あなたが逮捕されたことが知れ渡ることにより、家族や親族がそれぞれのコミュニティーで肩身の狭い思いをすることになります。犯罪は本来は個人的な責任のはずですが、その家族も申し訳ないことをしたと自覚して振る舞うよう暗黙のうちに要求されることが、しばしばあるのです。
次に、「逮捕イコール有罪」という発想が根強いことも関係して、逮捕された人の家族だと思われることを恐れて、あなたと離婚して苗字を変えることがあります。この離婚は、便宜上するに過ぎない場合もありますし、本心からすることもあります。
このように、あなたが逮捕された場合、家族や親族にも大きな打撃・影響が及びます。それだけに、逮捕されないこと、仮に逮捕されたとしても報道されないことを目指すことが重要になるのです

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。(回答までお時間をいただくことがあります)

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)