東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡で
  • HOME »
  • 窃盗での逮捕の流れ

窃盗での逮捕の流れ

窃盗事件では、被害届や防犯カメラ映像、そして被害者などの供述調書といった資料が揃えば、証拠隠滅や逃亡のおそれがある限り、逮捕されます。ただ、窃盗事件での逮捕率はほかの典型的な犯罪と比べて低いという特徴があります。

窃盗では逮捕されない?

あなたが刑事事件を起こした場合、証拠隠滅のおそれや逃亡のおそれがある限りは、逮捕はされる可能性があります。
このことは、窃盗事件でも同じです。被害者や目撃者などに働きかけるおそれ、被害品や犯行道具などを隠滅するおそれ、処罰をおそれて逃亡するおそれなどがあるときは、逮捕される可能性はあるのです。
したがって、「窃盗罪は軽い犯罪だから逮捕はされないはず、だから弁護士も要らない」などと考えることは、間違いです。窃盗罪でも、弁護士はつけた方がいいのです。

窃盗での逮捕率

窃盗事件での逮捕率は、どれくらいの数値になるでしょうか。
『犯罪白書』平成25年版によると、平成24年の統計では、窃盗事件として警察・検察に認知された事件のうち、警察・検察に逮捕されたものの割合は、約27.2パーセントです。警察で逮捕された後で釈放され、検察に身柄を送致されなかった事件を除いても、逮捕率は約25.4パーセントに達します。
これに対して、窃盗事件として認知された事件のうち、逮捕されなかったものの割合は、約72.8パーセントです。これに、警察で逮捕された後で釈放され、検察に身柄を送致されなかった事件を加えると、約74.6パーセントに上ります。
このように、窃盗事件では、逮捕されないか逮捕後釈放されるものの割合が圧倒的に高いのです。参考までに、同統計によれば、強盗事件の逮捕率は約68.2パーセント、傷害事件の逮捕率は約51.3パーセント、詐欺事件での逮捕率は約54.5パーセント、強姦事件での逮捕率は約69.9パーセント、強制わいせつ事件での逮捕率は約68.9パーセントです。これらと比べても、窃盗事件の逮捕率約25.4パーセントないし約27.2パーセントという割合は、かなり低い逮捕率であるといえるでしょう。

窃盗で逮捕するための証拠とは

では、窃盗事件では、どのような証拠によって逮捕されるのでしょうか。
まず、刑事事件として捜査が始まる端緒として、「被害届」があります。そして、犯人を特定し、また犯人とあなたとの同一性を裏づけるために、「防犯カメラ画像」がよく用いられます。そして、防犯カメラ画像だけでは現れきらない事件の経緯を語るものとして、被害者・目撃者など関係者の「供述調書」が欠かせません。あなたが検挙され、自白していれば、あなたの自白調書もここに含まれます。
さらに、あなたが犯人であることを裏づけるために、現場に指紋が遺っていた場合は、現場遺留指紋とあなたの指紋との同一性に関する鑑定結果報告書も必要です。これが指紋ではなく、犯人の体液の付着したものであった場合には、現場遺留体液のDNA型とあなたのDNA型との同一性に関する鑑定結果報告書が作成され、収集されます。
このように、窃盗事件で逮捕をするための証拠とは、刑事事件であることと、あなたが犯人であることを裏づける証拠である必要があるのです。

窃盗から逮捕までの時間

では、窃盗行為を行った場合、それから逮捕までの間は、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。この点は、通常逮捕か、緊急逮捕か、現行犯かによってかかる時間が違います。
まず、現行犯逮捕は、犯行の途中、または犯行が終わってから間もなく逮捕されるのが通例です。
次に、緊急逮捕は、事件から数時間しか経過していないこともありますし、もっと時間が経っていることもあります。要は、あなたが死刑・無期もしくは長期3年以上の懲役・禁固に当たる罪を犯したことを疑うに足りる充分な理由がある場合で、かつ、逮捕状を請求していたのではあなたが逃走し、または証拠を隠滅する可能性が高く、逮捕状を請求している時間的余裕がないときであれば、逮捕はできるからです。
そして、通常逮捕の場合は、捜査機関が犯罪を認知してから、あなたを逮捕するだけの証拠を集めてから逮捕状が請求され、発付されます。そのため、窃盗行為からある程度の時間が経っているのが通例です。

窃盗での逮捕を示談で解決

窃盗罪で逮捕された場合、身柄拘束を解くためにはどうすればいいでしょうか。
あなたが犯行を認めている場合であれば、被害者と示談を交わすことが最も有効な解決策です。なぜなら、示談を交わすことにより、あなたが逃亡したり、被害者に口裏合わせを求めて働きかけたりするおそれがないことが裏づけられます。その結果、勾留されにくくなるからです。勾留された後で示談を交わした場合には、勾留取り消しが認められやすくなります

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。(回答までお時間をいただくことがあります)

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

逮捕のよくある相談

逮捕でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件で逮捕された場合は、時間との勝負になります。なぜなら、逮捕の制限時間は72時間で、できればその制限時間内に留置場からの釈放という良い結果を得たいからです。一度留置場から釈放されれば、基本的には再逮捕されないので安心です。釈放後は、そのまま自宅で今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

ご家族が逮捕された場合は、まずアトムの無料法律相談をご利用ください。アトムの無料法律相談には、大きく2つの類型があります。①LINEで弁護士に無料相談を利用する方法と、②ご家族が逮捕された場合の無料相談を利用する方法です。

▼LINEで弁護士に無料相談のメリット

ご自宅から直ちに何度でもLINEを使って弁護士に相談することができます。登録・相談はもちろん無料です。弁護士事務所に行く必要がないため、スケジュールの都合がつきにくいタイミング・時間帯でも、すぐに弁護士に逮捕について相談することができます。ご自身が現在置かれている状況を正しく認識することは、将来的に正しい選択肢を選ぶことに役立ちます。

▼ご家族が逮捕された場合の無料相談のメリット

事務所で弁護士と直接相談することができます。弁護士と直接相談することで、事件の内容や現状を口頭で詳しく説明することができ、その分、LINE相談と比べて詳細な回答を得ることができます。また、弁護活動をご希望の場合は、そのまますぐに事件を依頼し、弁護士を警察署まで派遣することができます。ご相談者のスケジュールの都合がつく場合は、LINE無料相談よりも、事務所での無料相談をおすすめしています。

いずれにせよ、逮捕案件を解決するには、まず法律相談を行う必要があります。

法律相談さえ受ければ、あとは弁護士の方から過去の経験にもとづいた適切な解決策の提示を受けることができます。弁護活動を依頼したい場合は、弁護士費用の内容と見積もりを事前に確認し、料金表が添付された委任契約書にサインをいただくことになります。契約書に添付された料金表にもとづく弁護士費用以外に、後から追加の弁護士費用が発生することはないので安心です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)